結果、何十万の節約になるかも!?パーソナルカラー診断のすすめ!

大人女子たちの悩み&雑記
色探し女子
色探し女子

インスタで大人気の流行ってる服を買ったのに、なぜか垢抜けない(涙)

色彷徨い女子
色彷徨い女子

似合ってたメイクが最近似合わなくなった気がする……

そんな経験がある大人女子、意外と多いのではないでしょうか?
もしかすると、根本の色選びが間違えているかもしれません。

もちろん、「好きな色を好きなように自由に選ぶ」は、ビビ姉さんの中でも根本なのですが
・自分に似合う色を知った上で選択した色 と
・自分に似合う色を知らないで選択した色

では、意味が大きく変わって来ると思うのです。

そんな時に超おすすめなのが
「パーソナルカラー診断」なのです!!

パーソナルカラー診断とは?

その人の生まれ持った肌・目・髪の色に調和する色を見付ける診断。
パーソナルカラーを身に着けると、それだけで肌が美しく見えたり、何故か色だけで垢抜けて見えることも。
「美しく魅せてくれる色」を知る診断。


パーソナルカラー診断ってどんなことするの?料金は?

「料金」こればっかりは本当にピンキリ。
診断内容の細かさ、サロンの立地、診断時間、診断士の有名無名などによって大きな差があります。
予算は10000円~20000円位でまず考えるのが良いでしょう。

私がお邪魔したのは、麻布十番駅が最寄りのic produceさん。
受けたコースが、

【レディース専用】パーソナルカラー診断+ポイントメイク

「ic produce」HPより引用
  • 60分
  • ¥10,500(税込)



生まれもった肌、目、髪の毛の色を分析し、あなたが最も輝く似合う色を導きだします。
あなたにお似合いの洋服の色・髪色・アクセサリーの色・ファンデーションの色・アイシャドウの色・チークの色・リップの色・全体的なコーディネートがわかります。

【ここがポイント】

・麻布十番駅から徒歩7分でアクセス抜群

・路面に面しているビルなのでこじんまり感もなく女性でも安心

・パーソナルカラーを12分割まで診断
ファーストシーズン、セカンドシーズンからあなたが似合う色の傾向を見ます

・ベストトーンとベストカラーを診断
お似合いになる明るさと鮮やかさから導き出すトーンと
勝負カラーを2色ほど選びます

・メニューはポイントメイクつき
その場で似合うファンデーションやコンシーラーの色を確認したり
アイシャドウ、チーク、リップをつけてもらえます

・お買い物で使えるカラーカード(名刺サイズ)とプチプラメイクリストをお渡し

・明朗会計!事前カード決済で当日は現金が発生しないキャッシュレス


ビビ姉さん初「パーソナルカラー診断」実体験

まず私が「パーソナルカラー診断」を受けようと思った、そもそもの理由。

「イエローベース」の筈なのに、イエベ向けのコスメ・服がなんだか似合ってない気がしてならない(苦笑い)!!
いたって素朴な疑問から診断を受けました(笑)。

皆さんもネットのあちこちで見掛けませんか?
「自分で診断出来るパーソナルカラー」的なものを。
私も何度もやったんです。
「手首に透けて見える血管が緑ならイエローベース。青ならブルーベース」
みたいなやつですよ。
ビビ姉さん、血管真緑。ザ・グリーーーーーン!!!!って感じ。

でも、イエベ向きのコスメが何故か似合わない。
年齢のせいで顔がくすんで来ているのか、そもそも何かが間違えているのか。
自宅のコスメも、クローゼットも、似合ってるのか半信半疑な物が半数以上。
分からな過ぎて腹立ってきちゃって(笑)発作的に「パーソナルカラー診断」の予約をしたのです。

引用:ic produceオフィシャルHP

ビビ姉さんが御世話になった「ic produce」さんは麻布十番から徒歩5~6分、閑静なマンションの一室でした。
まず「パーソナルカラー」とは何ぞや、の軽いレクチャーを受けた後、
実際に様々なドレープ、ベースメイクを肌に当てあてたり、付けたりしながら絞りこんでいきます。

ずーーーーーーっと、自己診断で「イエローベース・おおよそオータム」だと思い込んでいたビビ姉さん。
なんと……
ファーストシーズン「ブルべ・サマー」
セカンドシーズン「ブルべ・ウィンター」
という

大誤算---------(苦笑)!!!!!!!!!!

最も似合わないと、勝手に……ここ大事です、「勝手に」思い込んでいた「くすんだ淡いパステル系」が大得意の「ブルべサマー」。
無知とは本当に怖いものです。

「イエベ」改め「ブルべ」だったビビ姉さんが受けたアドバイス

「ブルべサマー」はとにかく「黄色味」が苦手。
確かに服も、カーキ色とかテラコッタカラーとか、形や見た目がいくら素敵でも老けて見える気がして、結局全部着なくなっていた。
それもその筈。「ブルべサマー」の人間からしたら、最も顔色をくすませて見える色だったからです。
ここまでくると、カラー診断士のお姉さんのお話に「私としたことが!よもやよもやだ!!」って、煉獄杏寿郎みたいなテンションで答える私(笑)。

引用:鬼滅の刃

そして今後気を付ける事として、こんな分かり易いアドバイスを頂きました。

  • ファンデーションは「イエローオークル系」ではなく「ピンクオークル系」を選ぶ
  • リップは青味系ピンクやバーガンディ。流行りのテラコッタ系は肌色が暗く見えがち
  • チークもオレンジ系は避けて、ピンクやパープル系
  • アイメイクもくすみピンク系が吉。ブラウンも黄色味の少ない、グレー寄りが吉
  • 洋服に「イエベ春・秋」を取り入れる時は、顔から離れたボトムスなどに取り入れる
  • ヘアカラーする場合はアッシュ系が似合う

ちなみに、「ic produce」さんでは、普段使ってるメイク道具を持っていくと、それに対する判断やアドバイスもして下さいます!!
ビビ姉さんはそもそもずっと間違えていたので(泣)コスメの色選びはほぼアウト(号泣)!!
唯一、診断士のお姉さんが「これは良いですね!」と言ってくれたのは、デパートのBAさんのお勧めで購入したリップだけでした。
やっぱりBAさんって、その道のプロですよね……。

「パーソナルカラー診断」が結果大きな節約になる!!

年代によってばらつきがありますが、働く女性が一か月にコスメに使う金額が
3000円~5000円、洋服は13000円程度

(調べる機関や対象者の範囲にもよりますが、2017年実施実施の総務庁「家計調査」でも一世帯当たりの洋服代は女性は約7000円と、そんなに安い金額ではなかった)

ビビ姉さん自身の家計を数年分振り返ったら、
コスメ(スキンケア用品は除く)で年2~3万、(月1700円~2500円)
洋服で年4~6万円(月3300円~5000円)といった感じ。
あまりコスメや洋服にお金は掛けていないビビ姉さんでさえ、単純計算半分のコスメと服の選択を失敗してたとしたら
年間30000~45000円を使わないコスメ・結局似合わなくて着ない服につぎ込んでいたことになります。

超・金ドブ(苦笑)。

しかもたった一年の話ではありません。これが積年の金額の話共なれば、何十万~の話。
結局同じお金を使うなら、自分が気に入って・似合うものの方が増える方が良いですよね!?

特にコスメ・お洋服が好きな女性であれば受けてマイナスなことは無いと思います。
「パーソナルカラー」を知って、ますます楽しい毎日にしましょう~!!!!!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました