40代フリーランサー(蓄財中)2021年1月家計簿大公開

お金のこと

映像系フリーランサー・副業でライター(東京都心部で一人暮らし)をしている私の2021年家計簿大公開!!
このブログを見に来て下さってる中には、同じように好きな仕事に邁進しながらも、将来の経済面に不安を抱えている方も少ないくないと思います。

将来は不安だけど、貯蓄もなかなか進まない……

なかなか他人のリアルな財布事情って覗けないですよね??
彼氏や彼女の実際の家計簿や、蓄財状況だって知れない人が殆どだと思います。
……だったらビビ姉さんが見せたろやないか、と(笑)!!
私の家計簿の失敗も成功も、これから毎月書いていきますので、見本にも反面教師にもして頂けたら嬉しいです(⌒∇⌒)

※ちなみに、
ビビ姉さんの収入、事業収入のみなので、ある月は130万‼翌月8万‼ある月はZERO(笑)!!!!
みたいな事が振込ベースだと余裕で起きる為(泣けるぜ……これも副業で解消したい!)
貯蓄率等は、年末にまとめて発表したいと思います。

2021年1月総支出 281112円

内訳はざっとこんな感じ。
ここからは、特筆出来る箇所だけをピックアップしていきたいと思います。

「食費 23881円」
ビビ姉さんの毎月の食費予算は、外食代も込で30000円。
2021年のお正月~二度目の緊急事態宣言と、実家にも帰らず、友人にも会えず「ステイホームで自炊」だった為に、相当食費は抑えることが出来ました。仕事で外に出る場合は、昼食はクライアントさまがお弁当を用意して下さる為に、仕事の日の昼食代は基本ゼロ円というのも大きい(とは言え、緊急事態宣言下な為仕事で日中出たのは10日間のみ)。
今、家計簿見直したら、外食らしきものはマックのテイクアウトの550円が一回(笑)。
何故、マックって月に一回は無性に食べたくなるのか‥‥…。

「通信費 14850円」
1月は「エックスサーバー」の更新13200円が含まれているが、それを除けば通信費は1650円。
理由は、契約している「楽天モバイル」と「楽天ひかり」の一年間無料期間中だから。

「水道・光熱費 5420円」
これ殆どが水道代。
ガス・電気はどうしてるのかというと、「楽天でんき」「楽天ガス」にして、毎月溜まる楽天ポイントから支払の自動設定にしているので、最近は払ったことがありません(笑)。

2021年1月末時点 蓄財状況400万弱

ああああああ~ごめんなさい!!
ちゃんと数字残しておくの忘れました!!
いきなりざっくりですみません(涙)。

ビビ姉さんの蓄財手段

お恥ずかしながら、ビビ姉さんがしっかり「蓄財」を意識したのは2020年4月。
そうです、一度目の緊急事態宣言の時でした。
常に一年無職でも生きれる金額は貯蓄してあったものの、ガチで3か月無職を体験し、稼ぐと同時に「資産を増やす」大切さを身を以て痛感しました。投資や蓄財に関する本を山の様に読んで勉強し、数年前に開設するだけしてあった「楽天証券」の口座を早速動かしてまだ半年です。
それだけでも、お金に関する意識が180度変わり、ゆっくり、コツコツと蓄財出来てます。

「もう遅い」とか「私には無理」なんて思う事ないです。
ズボラで、人生その日謳歌主義だった私にも出来ていることですから(笑)!!!

消費にはならないので上記の「支出」には含まれていませんが、
ビビ姉さんは毎月5万円分、楽天証券でインデックスファンド(投資信託)を積み立て購入しています。
5万円の内訳は
・つみたてNISA口座 毎月33333円
(eMAXIS Slim米国株式S&P500・17800円/ 楽天・全米株式インデックスファンド・15533円)
・特定口座 毎月16667円
(eMAXIS Slim全世界株式オールカントリー・16667円)

この毎月積み立て以外にも、例えば
「思った以上に仕事の値段が良かった」場合には、財布の紐を緩めるのではなく、
さっさと特定口座で上記のインデックスファンドのどれか、または全ファンドを均等にスポット購入しています。


やはり、一度「使って良いお金」だと認識してしまうと、人間どうしても無駄な買い物をしてしまいます。
なので、その傾向があることを強く認識した上で、振り込み口座に入った一部をどんどん(リスク許容度は考えて)投資信託購入に充てています。

家計簿アプリ「マネーフォワード」を活用しよう!!

蓄財や投資、お金に関する本やYouTubeでも必ず言われている・書かれていることは「家計の収支を知ろう」ということ。
ビビ姉さんは個人事業主なので、毎年「確定申告」という地獄をくぐっているため(笑)、大枠での「事業経費」と「プライベート収支」は把握出来ていたけど、毎月の予算と本当の収支は把握出来ていませんでした。

そんな家計簿未経験者におすすめなのが「マネーフォワード」という家計簿アプリです。
一番最初に、持ってる口座・カード・電子マネー等紐づけしてしまえば、自動で家計簿をつけてくれます。
有料版も出てるけど、ビビ姉さんは無料版で十二分に助かってます。

まとめ

まだまだぐずぐずのダメな家計簿ですが、
私の様に不安定な収入ながらも、頑張ってるみなさんの参考になれば嬉しいです!!
また2月、3月と、こちらで家計簿大公開していきますので、
一緒に強い家計を作っていきましょう!!!!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました